FX(外為)の税金、節税、確定申告について


近年では、副業として、または本業としてFXを始めている方が数多くいらっしゃると思います。
しかし、ある程度利益が出たら申告するのは国民の義務です。
いくら稼いだら申告する必要があるかというと、20万円以上稼いだら必ず確定申告する必要があります。そうでない場合もありますが、ここでは割愛します。

まずFXの税率は、クリック365ではない場合、通常の税金体型に準じます。稼いだ金額に応じて税率が変わるわけです。
しかしとても重要な点があります、それは通常の本業と通算できないということです。


これはどういう事かというと、例えば本業で200万円の赤字が出ました。しかしFXで100万円の利益が出ていたとすると、税金は100万円分しっかりかかるのです。 一般的に考えると100-200万で、-100万円、税金は払う必要ないのでは?と思いがちですが、これは違うのです。
FXは雑所得です。
確定申告は所得ごとに分けなければならず、本業とは合算できません。
そこで、FXにも経費という概念が認められていることを考慮し、利益が出そうならちゃんと経費経常しておくことが有効です。
例えばFXを行うために購入したパソコン、通信費、書籍代、セミナー代金などがそれに該当します。
また、FXを教わる講師の人とのお茶代金なども該当します。
こうすることで、FXでも節税ができるわけです。

また損失が出た場合ですが、これは翌年に繰り越せます。
しかし繰り越したい場合、損失の確定申告をしないとなりません、ほったらかしではだめなのです。
年末にあたふたしながら始めても遅すぎる場合がありますので、しっかり日々の記帳を心がけましょう。

FXで黒字倒産?!税金が払えないというケース
これはよくあるケースです。
例えば12月末の時点で利益が出ていたとします、しかしほとんどの方は、その出た利益も口座に入れてあり、それを含めて運用しているはずです。
つまり、本来はらうべき税金の額などもまだ支払い期日が先だからという理由で、しばらくは運用に充てているのですね。
しかし1月の頭に急激な損失が出たとします。(円高、円安等で)
すると、膨大な含み損が発生し、口座から引き出せなくなる場合があります、こうなると本来支払うはずの税金が払えなくなり、滞納が発生します。
税金の滞納はなかなかよい利率がかけられているので、大きな損失が発生するわけです。
ですので、注意点2つ目としては、本来払うべき税金分はしっかり引き出しておき、備えておくことが大切です。

全国の人間ドックと検診の料金比較